来週火曜日から始まる、host fest vol2 そして、
実店舗でも木曜日からHOST FEST いよいよ始まります

どちらにも入荷する商品をまずご紹介という事で
まずはエストニアの手袋。

その前に...

エストニア?どこですか????
よく聞かれるので、piccolina豆知識

talliin.jpg

エストニア共和国(エストニアきょうわこく)
バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の1つ。
首都はタリン。

ここです。

estonia map

バルト海を挟んだ向かえは、フィンランドのヘルシンキ
私も初めて、エストニアに行った時はヘルシンキからフェリーで
日帰りしたのですが、今ヘルシンキからの1日ツアーの観光客がとても多く
大事な産業となっています。(でも気をつけてくださいね、
以前行った時は帰りの船が欠航になって、大変だったんですよ~)

公用語はエストニア語。ロシア語を話す人も多いですが、
旧市街以外では英語はなかなか通じません...
通貨はユーロ、昨年からユーロに変わったばかり、
インフレでかなり物価が上昇したように思います。

何世紀にも渡り、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、ポーランドやロシアの国々に支配され
1991年に独立国家「エストニア共和国」となりました。

買い付け中のブログをご覧になった方は独立記念日が2つあるというお話をしたのを
覚えている方もいらっしゃると思いますが、
色んな国に支配を受け、ロシアから独立したのは1991年つい最近です。
今は特にフィンランドとの貿易が盛んでバルト三国の中でも
1番経済成長が著しい国となっています。

様々な文化の交わりを経験し、各地方ごとに独自の文化が根付いており、
夏至のお祭り「ヤーニパ工ヴ」とクリスマスは
現在まで残っている代表的な伝統行事です。

九州と同じくらいの面積に140万人が住み、住民は、フィン・ウゴル系の
エストニア人 (Estonians) が大半を占めています。

気候は四季がありますが、春と秋は短く、冬が比較的長いです。

自然豊かな国土はほぼ平坦、30%が湿原で産業は漁業、農業、酪農が中心ですが
近年は世界遺産のタリン歴史地区がある事から観光産業も発達し、IT産業も盛ん。
そういえば、最初持った時はエストニアってどこ?と思っていましたが
随分前から使っている私の海外用の携帯電話もエストニア発信

そんなエストニアには、伝統的な編み物の文化があり、
初めていった3年前からpiccolinaでも手袋を扱っています。

手袋にも数十パターンの伝統柄があって、それに色の組み合わせ、
ディテールの違いなど、編む人の個性が出て、本当に1つ1つ違います。
また手編みのもの以外(機械編みと言っても昔ながらのものですが)
温かい手袋をという事で昨年から2重の手袋もいれていますが、
特に寒い北海道や東北の方にはお勧め、とってもあったかです。

estoniangroves.jpg

エストニアに行くと、編みながら販売しているおばあさん、また手仕事で有名なムフ島
で作ったものを販売している人など、本当に沢山の方たちから見せてもらって
1つ1つ選んできたものです。
是非、お気に入りの1つが見つかるといいなと思います。

ウェブでは、24日(火)から、実店舗では26日(木)から販売開始となります。

次は、同時に販売を始めるもう1つの手袋の作家、
ビルギッタさんの紹介をします!


スウェーデン食堂御予約受付中
10月5日(土)の会は11:30~満席 13:30~あと3名
10月6日(日)はまだ席の余裕がございます

piccolina 金内・岩本

プロフィール

金内智美


ようこそ、piccolinaのブログへ!
店長の金内智美です。
このブログではpiccolinaの
テイストをご理解頂けるよう
商品の紹介をはじめ、
私が海外や日本国内でも素敵だなぁ
と思う場所や物を少しずつ
ご紹介していけたらと思います。

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索