今回のコペンハーゲン滞在で楽しみにしていたのが
コペンハーゲンの建築協会主催の建築ツアーに参加する事
日曜日の午前中に開催するというのでちょうどいい!と思って
いつものボートツアーは辞めにして(真冬でやってなかったかも)
参加しました。

いった場所は新しく開発しているorestad という駅
ここをSTARTにこの新しい地域を歩いて周ります。



まずは全体を見回せるところで全体の説明を聞きました。
大きく南、北、そして駅の周辺と分かれるのだそうですが、



今回見たのはまずは駅のすぐ近くにある図書館、中は図書館としての機能だけではなく
地域のコミニティーの場所にもなっているのだそうです、
とてもモダンでシンプルでもポップな要素も照明などに取り入れられていて
北欧らしい素敵な場所でした。
昨年のデンマークの公共の施設で一番のデザインの賞をとったのだそうです、
そしてその隣にあるのが高校、素敵すぎ!



しかも公立高校だというからびっくり。
新しい高校が出来たのは100年ぶりぐらいだそうです。
それもびっくりですが。



ちょっと外からだと分からないのですが、中には大きな螺旋階段がどーんと建物の中心に
あり、すべての部屋が繋がってるのだそうです、
この地域は新しい地域の繋がりをとても大事にしていて、高校だけではなく
ビルの一階部分はパブリックに公開していたり、
公園など公共お施設を作る時は市民の代表たちと
一緒に何を作っていくか決めたりしているのだそうです。

自分たちで新しい街を作っていくなんてワクワクしますよね。

そして、次に立ち寄ったのがまたすぐ近くのフラット、ビックリー
凄いと一言。一つ一つに突き出したVのベランダ。



誰もがディカプリオの真似が出来るよと説明してました。(^ ^)



とにかく見た目が斬新なのですが、直射日光ではなく
お部屋全体が明るくなる設計そして、次に行った建物と隣接してるのですが
程よいプライバシーが守られるように特に寝室やリビングは
隣や向かえの部屋の向く方向が変えられているのだそうです。



そしてさっき書いたように隣接したこちらも住居用のフラット



そしてその隣はマウンテンと呼ばれている住居とパーキングが一緒になった
場所



表からは段々ばたけのようになっていて、ここのお家に
庭があり、また共有のスペースもあり木をつかった落ち着いた雰囲気なのですが、
中に入るとビックリ!立体駐車場になってるのです。



外側を回るように上まで階段で上がれるのですが、階段の下は何もない~
寒いし怖いしでしたが、頂上からの眺めとても素敵でしたよ。



ここは誰でも行けるので是非興味のある方はコペンハーゲンにいく際には
立ち寄って見てくださいね(強風の日は注意ですが)

そして、おりて裏側に廻ってみるとなんとそこには大きな山のプリントが!



なんとここのプリントの為にヒマラヤにヘリを飛ばして撮ってきたのだとか。
流石です。

私的には微妙~な気もしましたが、この建物はヨーロッパの
デザインNo.1の賞を取ったのだそうです。

是非建築に興味のある方は行ってみてください。
ただ温かい時期に行くのがいいと思います、
寒かった~

・・・・

さて、今はストックホルム3日目に突入しました



昨日は結構寒くて雪も降っていて、そんな中の買い付けは
キャリーのタイヤがうまく回らず大変でした。

結局20kg以上の物を最終的には運んでいたのですが
沢山運んだという事は沢山いいものを見つけたという事なので
良かったといえば良かったのですが、腰も足も痛いです(-。-;

今回泊まっているのは友人のマンションにあるゲスト用の部屋で
小さなキッチンと洗面所もついていてとても快適なのですが
インターネットがないため1週間ちょっとだけ不便です。
今まで常にインターネットのある状態でFacebook や
twitterを常にチェックしたりする癖があったのでたまには無いのもいいのだと
思います。この際溜まっている仕事をまとめてしまおうと思っています。

という事でまめには書けなくなりますがまた更新しますね。


プロフィール

金内智美


ようこそ、piccolinaのブログへ!
店長の金内智美です。
このブログではpiccolinaの
テイストをご理解頂けるよう
商品の紹介をはじめ、
私が海外や日本国内でも素敵だなぁ
と思う場所や物を少しずつ
ご紹介していけたらと思います。

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索