Jens H. Quistgaard

2008/06/26 16:30 | memo

quistgaard.jpg

今回の特集はデンマークモダンデザインの第一人者の一人
Jens Harald Quistgaard

デンマークを代表するDANSKの創始者でデンマークの近代デザインに大きく貢献した方です、
残念な事に今年の1月に88歳で亡くなられましたが
今回彼の作品の中でも温かみのある陶器のシリーズを集めました。

1919年に生まれたJensは彫刻家を父に持ち、木彫刻、彫刻などを学び、
のちに製図工、陶芸家などとして色々な素材を使って創作活動を行います。
またGeorg Jensenのシルバーウェアのデザイナーとしても広く知られた存在です。

quistgaard12.jpg


第二次世界大戦後に独立をして色々なマテリアルを使ったデザインを始めます。
1954年Lunning賞を受賞し、

(*Lunning Prize (ルニング賞)』は、Georg Jensenのオーナーだった
Frederik Lunning氏が創設したデザイン賞で、
スカンジナビアンデザインがあまり認知されていなかった時代に、
北欧の若手デザイナーがもっと世界的に活躍して欲しいという願いを込めて設立されたもので
北欧デザイン界のノーベル賞と呼ばれるほどの権威ある賞になりました。
Lunning賞が始まった1951年には当時まだ30代のH.J.ウェグナーとタピオ・ヴィルカラが選ばれ、
1970年までの20年間に毎年2人計40人のデザイナーがこの賞に選ばれました。)

その年にアメリカ人企業家のTed Nierenbergがコペンハーゲンと訪れた際、
美術館で見たJensのシルバーウェアにほれ込み、
共同経営でDANSK International Designsを創設します。
それから30年にわたりデザインの責任者として活躍をします。

quistgaard13.jpg


素材を自由に操り今までにない素材のコンビネーションは人々の心をつかみ、
今なお愛されるデザインです。

JensのデザインはMetropolitan Museum、the Museum of Modern Art 、
the Louvreなどでもコレクションとして収められています。

どうぞごゆっくりご覧ください。こちら

Summer of Hokkaido

2008/06/19 18:20 | memo

月曜日ちょっと遅い父の日のプレゼントで兄と3人札幌郊外の長沼というところ
に行ってきました。東京からの観光客の間ではあまり知られていない地域なのですが、
最近札幌ではちょっとしたブーム。カフェやレストラン、うどんやさんなど
ちょうど1時間ぐらいでいける手軽さもあって人気の日帰り旅行です。

IMGP8035.jpg

ちょっと車を走らせるだけでこの景色ですから興奮!!
なんで今まで知らなかったんだろ~、というぐらい素敵な景色です


IMGP8036.jpg

パークゴルフを一緒にやって、温泉に入って
帰りにとってもかわいい手作りアイスクリームやによって
アイスを食べてとってもいい1日でした

IMGP8040.jpg

DSCN1221.jpg

デンマークでのある一日朝からマーケットで物色中に
なんだかザワザワする人たちの群れを見つけなんだろうと思っていたら
なんとかわいい地元の学生達によるマーチングバンドでした。

えー嘘!!!かわいい~という事でカメラを車に取りに行って
急いでシャッターを切りました

DSCN1224.jpg


なんだか大会の前らしく予行練習だったみたいですが、みんな
なんだか緊張した表情

でもとにかくかわいかったです、ユニフォームも鮮やかなブルー、
赤、白の組み合わせ。そしてちょこんとボンボンのついた帽子も

次回の特集は

2008/06/10 00:07 | memo

IMGP2487.jpg

次回の特集は今週の木曜日12日 夜9:00~に決定しました。
今回は前3回の特集とうって変わって
マニッシュでシンプル、モダンな特集になっています。

私の大好きなOldhall 特に今回はRobert Welchの珍しいシリーズが入荷したり、
Arabia,Rorstland,久しぶりにGustavberg Stig Lindberg のお皿も入荷します。

メルマガ登録の方には10日夕方にはイメージページをお送りいたします。
ご希望の方は10日夕方17時までにご登録を

新しい特集 スタートは 6月12日 夜21:00~

DSCN1180.jpg

前にも一度ご紹介した事があるのですが、コペンハーゲンの中心イルムスの細い横道に
入っていくとあるのが、ロイヤルコペンハーゲンのカフェ。
由緒あるロイヤルコペンハーゲンのカフェとは思えない、ラブリーでアバンギャルドなカフェ。

写真で見えますか?THE ROYAL CAFEの下 マネキンがブランコに乗って
ゴスロリコスチュームです、凄い。国家を代表する王室ご用達ブランドがここまでやると天晴れ。
そしてどうしてか下品にならないのが流石デザイン王国だと思います。

DSCN1173.jpg


一番奥の壁は一面アーティストが描いた壁画があって大きな円卓に一厘さしが
山ほど置いてあって、1つ1つにピンクの花が活けてありました。

DSCN1174.jpg


壁の高いところまで積み上げられた缶やボトルがまたかわいいです。
地震大国 日本ではちょっと難しいかな?でも小さな事で学ぶところ多いです。

DSCN1179.jpg


こんなちょっとしたアイデアでかわいいくなる。ちょっと古くなったバラだって外側の何枚かの
花びらを外して根元近くをチョキンときってコップに入れたらこんなにかわいい。

このカフェ若者もおじいちゃんおばあちゃんもいるところがいいなぁと思いました。
私の向かえに座っていたとってもかわいいおばあちゃん、帰り際にgood bye!と笑顔で
帰って行きました、イルムスのバッグを持って。うーん可愛いなぁ。

プロフィール

金内智美


ようこそ、piccolinaのブログへ!
店長の金内智美です。
このブログではpiccolinaの
テイストをご理解頂けるよう
商品の紹介をはじめ、
私が海外や日本国内でも素敵だなぁ
と思う場所や物を少しずつ
ご紹介していけたらと思います。

カレンダー(月別)

05 ≪│2008/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索